>

家事をするのは誰なのか

得意な家事に挑戦しよう

掃除が好きな人は、自宅の掃除を引き受けてください。
得意なことなら、苦にならないと思います。
料理が得意人は、毎日に炊事に取り組むと良いですね。
たくさんの家事があるので、その中で得意なことや好きなことが見つかると思います。
他の家族に、任せっきりにならないよう注意してください。

家事の役割を前もって決めると、自分の仕事に集中して取り組めます。
苦手なことでも、ゆっくり取り組めば失敗しないので安心してください。
続けていれば最初は苦手でも、次第にうまくできるようになります。
どうしてもうまくできないことだったら、家族にコツを聞いてください。
コツを意識して取り組めば、うまくできるでしょう、
自分の家事スキルを、磨いてください。

当番を決めておこう

家族がいろんな家事に挑戦できるように、当番表を作るのが良い方法です。
毎週異なる家事に取り組めば、様々スキルが向上するでしょう。
今は家族と一緒に暮らしているので、困ったことがあれば助けてもらえます。
ですがこれから、1人暮らしを使用と考えている人がいるでしょう。
その時は家事で困ったことがあっても、誰も頼ることはできません。

今のうちにスキルを磨いたり、困ったことが起きた時の対応を考えましょう。
当番を決めると、すぐに何をすれば良いのかわかるというメリットがあります。
自主的に家事を見つけて取り組むシステムでは、何をすれば良いのかわからない人は何もできません。
それでは家事をする人としない人との間で、差別が生まれます。


この記事をシェアする